東北大学 地域安全工学研究室

地域安全工学研究分野

破壊を含む構造解析例

1995年阪神大震災や2011年東日本大震災など、過去の大災害の度に甚大な被害が発生し、その復興には多くの時間と費用を要しています。今後発生する災害の被害を最小化し、被害を受けた状態から速やかに元の状態に回復するためには、被害の予測や事前対策の効果の検証が不可欠であり、それを達成する上で数値シミュレーションは強力な武器となります。

流体・構造・地盤連成解析

このような観点から、地域安全工学研究分野では、防災に関する数値シミュレーション技術とその周辺技術を創成しています。具体的には、構造物の劣化プロセスや破壊の予測と最適設計手法の構築、構造・地盤・流体のマルチフィジックス現象に対する重層的連成解析手法の確立、斜面災害シミュレーション手法の開発や使用環境の整備などの研究を進めています。また、シミュレーションの結果や既存の防災情報を、わかりやすく伝えるための立体視可視化技術に関する研究も進めており、実践的な防災に役立つ技術の開発を目指して研究を進めています。

トポロジー最適化
斜面災害シミュレーション